節税について

節税はその効果によって3つのものに分けることができます。一つ目は「今期の納税額は減少させるもののいずれその分の納税をしなくてはいけない」ものです。単に税金の支払期限を延期しただけのもので、これを私は「繰延型節税」と呼ばれています。二つ目は「国の政策的な配慮や税率構造の違いなどにより実際に税金額が減少する」ものです。これは、実際の節税効果が永久に続くので、これを私は「永久型節税」と呼ばれています。

 

三つ目は「法律の解釈上の矛盾や法の盲点をつくことで税金額を減少させる」ものです。これは、対策の時点では合法で節税効果が期待されていたとしても、簡単に法律の改正がされ効果を失ってしまうリスクがあります。

 

法の盲点を突いたようなウルトラCのような節税対策を数々駆使されている節税専門のコンサルタントという方もおられます。しかし、結果は決して胸を張って言えるような効果を発揮したものばかりではありません。
もちろん、その対策を実施した時には十分効果が期待されていたのにです。

つまり、法の盲点を突いたような節税は、必ずといってよいほどどこかで修正がなされます。

生命保険を活用した節税対策など新しい節税商品が作られてはその後規制がされ効果を失うというイタチごっごの繰り返しであると言っても過言ではありません。

 

派手なキャッチコピーの節税対策の中には残念ながら「加入者に過分な税制改正リスクを負担させているもの」や「そもそもの節税効果を誤認させている」様なものまであります。「簿外で含み資産形成」「税理士も知らない」などという魅惑的な言葉や氾濫する情報に惑わされることなく、「本当に法律がその効果を予定しているものなのか」「その対策で本当に手許のお金が増えるのか」という視点で節税提案の本質をきちんと吟味できる目を養ってください。

 

法的に認められ、道義的にも納得できる節税・減税対応をおこなっていただける事を希望します!!

 

※弊社は、節税コンサルティング会社ではございません※